医療英語コース

 

オーストラリアの語学学校で医療英語を学べるコースです。これから看護学を学ぶ学生さん、ワーキングホリデーでオーストラリアに来ている日本の看護師さん、介護士さんなど医療従事者向けのプログラムです。日本の病院で外国人の患者さんの対応にも困りません。また、オーストラリアでアシスタントナースとして働くための実践的なコミュニケーション能力をつけるにも最適なコースです。医療専門用語や医療現場でのコミュニケーションなどを学びます。プログラムはとても実践的な内容で、しかも少人数で学べるので、充実した教師陣のサポートが受けられます。

 

★ English for Medical Professionalブリスベン、パース、サンシャインコース


ブリスベン、パース、サンシャインコーストの3つのキャンパスにてEnglish for Medical Professionalsのコースを開講しています。
OET試験対策はこのEMPの中のオプションとなっています。全てのキャンパスは、同じコース内容で提供されています。

 

 

 

★ SCE (Sydney College of English)


 

午前中は一般英語、午後の授業で医療英語を勉強します。 一般英語+医療英語→EAP→OET準備コースへIELTSなしで、ダイレクトエントリーができます。 医療従事者を対象とした専門用語やコミュニケーションなどを英語で学ぶコースです。 少人数クラスなので充実したサポートが受けられます。午前中は一般英語、午後は医療英語の勉強をします。は、同じコース内容で提供されていま午前中は一般英語、午後の授業で医療英語を勉強します。

 

 【入学条件】

-中級以上(IELTS Academic4.5以上)の英語力が必要

-エントリーテストあり

-コース期間:4,8,12週間

-フルタイム(午前中は一般英語、午後は医療英語)

-パートタイム(午後の医療英語のみ)

-コース開始日:4週間に1度のメイン入校日に入学可能

※勉強’期間中に病院視察に参加したい学生さんは、費用として別途$130かかります。