オーストラリア看護師資格取得留学


オーストラリアのRN(Registered Nurse=正看護師)の資格は、オーストラリア技術移民として永住権の申請ができる(永住ポイントを満たすことが条件)職業の一つとなっています。

日本で看護師資格がない方はオーストラリアの大学で3年間、日本の看護短大、看護学校卒の正看護師の方は、オーストラリアで看護コンバージョンコース(Accelerated Course: 1年または2年間)へ編入し、卒業と同時に看護協会既定の英語試験にパスすることでRNとしての登録が可能です。

コースは1年間で提供している大学もありますが、今後は看護協会の規定により2年間コースへと変わることが考えられますので、コンバージョンコース(Accelerated Course)へ入学を検討されている日本人看護師さんは、慎重にコースを検討する必要があります。

コース終了後、RN登録には英語試験にパスする必要がありますが、残念ながら大学卒業後1年未満にスコア取得ができなかった場合は、オーストラリアでの看護師登録はできません。看護学位取得のみとなります。ただし、英語のスコアをクリアした後に、もう一度トレーニングコースを受講することで登録につながるケースもあります。その都度看護協会への確認が必要です。

 


RN取得までの道のり


⇒日本の看護大学を卒業し学位を持っている方

1.IELTS, OET, PTEのいずれかで英語試験をパス

2.AHPRA(オーストラリア看護協会)にアプリケーションフォームと申請に必要な書類を提出(日本の厚労省から直接看護師免許をAHPRAに送って頂く必要があります)

3.AHPRAからのリファーラルレターを受け取った後に、各州で提供されている短期トレーニングコースに入学

4.短期トレーニングコース(クリニカル含む)を履修し、合格できた時点でRN登録が可能

 

このステップでRN登録する日本の看護師さんはTAFE/OETコースで学びスコアをクリアして登録をしています。コースに関してはこちら

 

⇒日本の看護短大・看護学校卒の方

1.大学入学に必要な英語力をつけるために、提携先語学学校で学ぶ(本人の英語レベルにより学ぶ期間は異なります)

2.オーストラリア看護大学・学士課程に編入(1年または2年コース)し、執拗な単位を履修

3.卒業時にIELTS, OET, PTEのいずれかで英語試験にをパスしている学生さんはAHPRAにRN登録が可能

 

このステップでRN登録する日本の看護師さんは大学入学前に英語コースが必要(大学入学レベルのスコアが取得できていない方)となりますのでお問い合わせ下さい。

 

⇒日本の看護師資格がない方

日本で看護師資格がない方は、オーストラリアの大学・看護学部に入学し、卒業する必要があります。日本の高校卒の場合、大学が提供するファンデーションコース(日本でいう教養課程)やTAFEで提供されているDiploma of Nursing (日本の准看護師)を経由して看護学部に入学するケースもあります。

日本の看護学部以外の学士号がある方は、オーストラリアの看護学部2年目に編入可能です。

 


大学・看護学部入学条件


⇒学歴

・オーストラリアの大学看護学部(学士課程)に入学するには日本での看護短大・看護学校を卒業していること(日本での履修を単位認定してもらうことが可能)

・高校卒の場合は、ファンデーションコースが必要になる場合が多い

・オーストラリアで准看護師資格を取得していること

 

⇒英語のレベル

・IELTS 6.5-7.0 またはTOEFLで大学入学に必要なスコアを取得していることが条件

・英語のスコアが不足している場合、大学との提携先語学学校のアカデミック英語コースを既定のレベルで修了すれば、IELTSのスコアなしで大学看護学部への入学が可能

 

★★★オーストラリアの大学・看護学部リストに関してはお問い合わせください。