患者 VS 看護師の割合と熟練したスタッフの配置

WAの教育病院でのリサーチによると
十分なスタッフィングとスキルミックスにより
死亡に至るケールを25%、術後合併症においては
17%肺炎、54%中枢神経系、37%胃潰瘍、(術後侵襲によるものであろう)上部消化管出血を減少できたと発表している。

USのリサーチによると患者と看護師の割合を
8:1から4:1にすることで死亡に至るケースを
防ぐことができるだろうし
US$136、000のコスト削減につながると言っている。
合併症によりコストはさらに増える一方なので
つまり、ナースを増やすことの方が、ベストだと。。。
NZでは看護師の時間カットにより(36%)
合併症を増加したと。。。
またNSW州では看護師の割合を増やすことにより
合併症を減少することができるとリサーチされている。

(The magazine of the NSW Nurses and Midwives' Association,
2012
, Lamp, Vol. 69, no 9, pp.28-29.)

 

看護師と患者の割合はどこの国でも重要です。
過酷な労働条件では離職率をあげるだろうし
それにより、患者への看護の質を落としたり
コストの問題につながったり
グローバルISSUEですね。