グローバル化に伴う看護労働と移住

こんにちは。代表のメイです。今日は医療の中のグローバルISSUEについて、考えてみましょう。WHOによると430万人の医療従事者が不足することになると統計が出ています。世界57か国ではかなり危機的な不足、そのうちの36か国はアフリカ(サハラ南部の国々)に集中している。

発展途上国の医師や看護師はより労働条件の良い国々への労働移住が多くなってきている。一般市民はますます医療格差の影響を受けることになりますね。

オーストラリアでは2025年までに約110,000の看護師が不足されると予測されています。ただし、2009年の離職率が2%であるので、この離職率を保ち続けることができれば、そのギャップを25,000まで埋めることができるそうです。看護師不足は国際的な問題の一つです。看護師の国際的な労働移住はますます加速されていくであろう。

 

( Policy Brief, 2010, OECD)

(The magazine of the NSW Nurses and Midwives' Association,
2012
, Lamp, Vol. 69, no 9, pp.28-29.)